2012年02月17日

Web広告費の節約術

◆はじめに
ここでは多重クリック、嫌がらせクリック、多重クリックなど不正クリックとよばれるクリックを減らし、広告費を出来るだけ無駄遣いしないようにするコツを書いていこうと思っています。
広告費というのは企業の売上を削って捻出していることが多いです。
もし、これを読んだ方が会社の広告費の削減に成功すると・・・
売上から捻出する額が減るが減る為、給料UPに繋がるかもしれませんよ!?w

◆不正クリックだと思われるクリックというのは業種によって違うんです!!
極端な話になりますが・・・
300万の商品を販売するHPの宣伝広告費
300円の商品を販売するHPの宣伝広告費

一緒だと思いますか?w
もちろん、企業の売上や商品名の浸透度によっても変わってくると思います。
取扱い品・販売価格・企業の大きさなどにもより、宣伝広告費の額も企業によって違うように、不正クリックと思われるクリックも企業によって異なるのです。

よって、不正クリックだと感じる基準もおのずと変わってきます。
例えば・・・
1クリック200円の広告でHPに呼び込み、3,000円の化粧品を販売します。
貴方なら何回クリックされて購入されなかったらギブアップしますか?w

私なら・・・3回がギブアップラインですね。
まぁ600円出費して顧客が付かなかったのは残念ですが、これ以上同じユーザーにお金をかけてHPに来てもらっても、見るだけで買い物しないのであれば、もう広告を見てもらわなくてもいいかな・・・って思います。
買う気もないのに200円かけるのはもったいないですし・・・。
このユーザーが自社HPを見るのに毎回200円かけて来て数十秒で出ていく。
無駄以外の何物でもない気がします。
しかし、私にとっては無駄かもしれませんが、貴方にとってはどうでしょうか?
少しでも買ってくれる可能性があるならこのユーザーにあと5回だけ広告を見てもらいたい!と思う方もいるでしょう。

では・・・

1クリック250円の広告でHPに呼び込み、20,000円の商品を販売します。
この場合、何回クリックされて購入されなかったらギブアップしますか?

この場合、私なら・・・5回がギブアップラインでしょうか?
たった5回のクリックでも1250円・・・
送料無料のサービスなどを含めると・・・正直出費は大きいですよね。

しかし、HPを作っただけでは訪問者を集めることはできない・・・。
インターネットの世界で販売業を行うなら広告は必需品と言っても過言ではないと思います。

要は・・・
感じ方は人それぞれなんです。
広告費の削減ではなく、もっと売ることを考える!という人もいるでしょう。
広告費を削減して、別ルートで販売するための資金源にする。という人も。
社員のモチベーションを上げるために給料UPに使う事も・・・。

だからこそ、代理店に任せっぱなしではなく御社自身で設定金額を決め、どのような広告費の使われ方をしているか、どんなユーザーが訪問してきているのか、需要はどのくらいあるのか、を把握しておいた方が私は絶対に良いと私は思います。

◆代理店に任せるデメリット
正直、代理店に任せていれば・・・楽ですよね!?
『Webの広告関係の事はわからないから、別業者に任せてるからね~不正クリック防止対策もやってくれているんよ。』という言葉をよく聞きます。
その場では『そうなんですね!』とお答えしますが・・・

どんな対策をされているのかは、ちゃんと把握しておいた方がいいと思います。
先程の項目で書かせていただきましたが、広告掲載主と管理会社の価値観の違いはなるべく小さくなるようにしておくべきでだと思います。

一度、調査を依頼された企業様のHPを管理している業者は『対策をしている』と言っていたのですが・・・
複数人で見れるアクセス解析を導入してみると・・・いっぱい無駄ありますやん!って事もありました。w
業者の感覚的には不正クリックではなかったが・・・利用企業にとっては不正クリックだったということもありますし、、、
不正クリック業者が行うクリックだけが不正クリックというわけではないという事ではないんですよ。
知らず知らずに課金のかかるクリックを何回もしていたって事、私にも経験があります。
業者サイドで言わせてもらえば、広告費が下がると管理費(広告費の〇〇%)で手数料を取っている業者などは不正クリックを防ぐ事で広告費が下がり、広告費が下がれば。
これは、YahooやGoogleにも言えます。
実際に、YahooやGoogleの利益の50%以上はリスティング広告やバナー広告からの利益です。
不正クリックは防いでいると言っていますが、内容は秘密のままなので、実際にどんな防ぎ方をしているかは不明なんですよね。。。

だからこそ!!

自分の身は自分で守るではありませんが・・・
自社の広告は自社で守らねばならないと私は考えています。

◆不正クリックを防ぐためには
アクセス解析を使ったことのある人であればわかると思うんですが・・・正直、IPだけでは判断が付きません。
そこで!
①アクセス解析遮断ツールを使う
これだけITが進んで、一般ユーザーにも知識がいきわたった時代にIPアドレスやクッキーによる遮断だと、正直あまり良い効果は持てないと思います。
端末番号での追跡やIPアドレスの変更やクッキーの削除にも対応できるものが好ましいです。
おススメ  アクセス解析遮断ツールX-Guard (有料)
メリット ・専門知識がなくても使い方さえ覚えれば遮断処置がとれる。
     ・データが見やすい。
     ・設定をしておけば一定回数のクリック数を超えたアクセスを自動遮断する。
     ・IPアドレス、クッキーの変更に対応できる。

デメリット ・有料なのでお金がかかる。
       ・スプリクト挿入、広告のURL設定など、マニュアルはあるが設定がめんど
        くさい。


②無料アクセス解析ツールでIPアドレスを調べる。
 複数のアクセス・クリックを見つけ、広告の宣伝をなしていないと思われるIPアドレス
 を契約しているプロバイダーに報告して流入を制限していく。

お金をかけずに広告を守るのであれば、こちらがいいと思います。
しかし、デメリットもやはりあるので参照ください。

デメリット ・IPアドレスやクッキーに関する知識が必要。
       ・IPアドレス・クッキーの変更は無料アクセス解析だと変更に気づかない
        場合がある。
       ・1件1件削除するので時間がかかる。
       ・常にデータに目を通して、監視しておかなければならない。


◆まとめ
現在、日本のWeb広告に対しての不正クリック・不正アクセスは違法ではありません。アメリカ・イギリス・韓国その他国でも上記のような行為は違法です。

この分野に関して、日本は少し遅れています。
遅れているというより自社の広告費が無駄に使われているかもしれない・・・という
危機感をもっと持つべきではないでしょうか?
調べてみてなければ良い事ですし、無駄なクリックが見つかれば相応の対処で広告費を削減できると思います。

これだけ不景気でお金に困っているのに、何故どうして無駄をなくさない!?

私には、本当にお金を無駄にしているようにしか思えません。
アクセス解析ツールで、自分の目で確認してみてください。

専門知識がなくてもX-Guardは2週間無料で無料期間もある程度のサポートが付いているので、データを自分の目で是非見てください。


無料アクセス解析ツール個人的おススメ
Googleアナリティクス

i2iアクセス解析

14日無料お試し付きアクセス解析ツール
アクセス解析遮断ツールX-Guard
posted by ムックの相方モドキ at 13:11
"Web広告費の節約術"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。